そのうちやります。

毎日更新したい。思考の整理場。

3/19

小学生時代の体に戻る(精神状態は20歳の僕)
当時仲が良かった幼馴染とたわいもないことを話して幸せを感じている
学校から帰る途中に遊ぶ約束をたててウキウキしている


家族で西友へ行っている
気がつくと途中から何故か一人で行動している
気にしててもしょうがないため自由に行動、おもちゃ売り場の階の通路を歩いている
おもちゃ売り場へ向かう途中にゲームのワゴンセールがありそこを除く
左から気味の悪い男が近づいてきたのでゲーセンのような場所へ逃げ込む
すると突然体が熱くなり力が入らなくなり地べたを這いずる形で助けを求めようとする
携帯のバイブが作動、友人(と認識している人)から連絡が来たので助けを求めていることを伝える
そうしていると僕のもとに父が来てゲーセンのスクリーンを通り抜けて僕をある場所へ連れていく
そこには僕の家族と母方の祖母と奇妙な衣装を身にまとった老婆がいてパソコンで友人と連絡を取るよう言われる
パソコンで連絡を試みたものの会員専用のサイトだったらしくログインが面倒な作業だったため諦める
携帯で連絡しようとしたが繋がらず
その後老婆に「君は絶界状態だよ」と意味のわからないことを言われたのでどういうことか聞くと
「魂と肉体が分離されている」
とのこと
その理解しがたさに困惑していると老婆がこの状態を脱する方法について説明してくる
要は目玉二個と脳みそを引っ張り出してしまえばいいとのこと
真面目なトーンで言ってきたため恐ろしさを感じ逃げようとするも家族が抑えつけてくる
老婆の皺の多い手が僕の目へと伸びてきてもうどうしようもないことを悟り起床