そのうちやります。

毎日更新したい。思考の整理場。

4/19

やたらと細長い廊下に一直線机が並べられていて
右端から3番目の席に座って数学?かなんかの勉強をしている
知り合い3人がダンジョンに行くらしいので興味本位で僕もついていく
ダンジョンへのゲート(かなり大きなUを逆さにしたような扉)に3人が入っていく
どうやらこのダンジョンの奥深くにはグラードンが存在することを直感的に理解
天の声のようなものが僕にゲートに入ることを躊躇させる
結局ゲートには入らなかったが後に知り合いが皆無となることに気付く
知り合いの居ない世界でどう生きればよいか不安になる


起床→プリキュア見る
ゆうゆう可愛いっすね