そのうちやります。

毎日更新したい。思考の整理場。

11/15

 

高校の駐輪場にいる

School Daysの言葉と喧嘩し言葉の友人の家まで傘を届けることになる

数時間程度友人の家を探すも見当たらず断念し帰宅しようとすると言葉が話しかけてくる

内容は曖昧だが仲直りして一緒に傘を届けようとのこと

曖昧な返事をしていると本当に私のことが好きか問われ、しばし沈黙する

言葉がナイフを取り出し私を刺しにきたため全力で逃げる

 

土手にいる

近所の小学生が5~6人でドッジボール的な何かをしているが、その球が私にぶつかる

一人が謝りにくるが真面目そうな子供でなく悪ガキだなあという印象を受けるこ子どもだったため消す(超能力的な何かを使えた

それを見た他の悪ガキがひるんでいたためこのことを口外したら殺すと脅し帰宅

 

中学校の下駄箱

上の悪ガキの一人も中学に上がり話しかけてくる

柔道部の先輩に痛い目を合わせたいらしい

超能力を使ってその先輩に不運な出来事が起こるようにし数日が経過

学校の体育館 警察が柔道部の先輩に話を聞きに来る

どんなものかと聞き込み現場へ近づいてみるとどうやら警察は僕が犯人であると予想し

学校に来たのは僕に対する質問を行うためであったことが判明

話しぶりからするに僕=犯人とほぼ断定しており

毎朝母親がジンジャーエールを作ってくれること

それを飲むと辛い現実を忘れられること

事件現場には生姜味のアメの袋が落ちていたこと

を言われ確実にバレたと思いTime Leap

 

 

 

そういえば出口治明の「本の使い方」読み終わった

「本物の教養」と切り口は同じで教養(=自分で考える力、物事を知りたいという姿勢)は大事ですよ

教養をつけるきっかけとして本は有用ですよ

といった感じの内容(適当

出口治明の本読んでると若干意識高くなるのか読書ペースなりニュースの仕入れ具合が向上するのであと数冊ほど読んで習慣化したい

次は花森安治についての本を読む予定

終わり