そのうちやります。

毎日更新したい。思考の整理場。

君とまた会うその時なんて言えばいいんだろう

 

本日年内最後の講義が終わった

と同時に後期製図の結果発表があった

結果は無事合格とのことで一安心である

製図はやるべきことが10あるとして0.1程度しか授業中にアナウンスされなかったため

周囲の人間と協力したり院生や助教に聞きまくったりしないと詰む感じだったのだが

色々問題を抱えつつも無事終了してほっとしている

必修科目は残すところ1科目であり鬼畜な難易度という訳でもなさそうなので普通に勉強すれば進級出来るだろうと読んでいる

留年することになったら来年はヒマなのでオフ会等に呼んで罵倒してほしい

 

 

最近のことを各

21日にだしマスター氏からのお誘いがありだしマスター氏、さかこ氏と食事をした

だしマスター氏、さかこ氏には8月末以来の邂逅であり待ち合わせの場所では正直顔忘れてるのではないかという懸念がありうろうろしていたが普通にだしマスター氏を発見できたので良かった

発見直後声のかけ方が「あ!あ....あ!」とかになって本当に申し訳ない

だしマスター氏が僕の顔を忘れていたとしたら完全な不審者である

さかこ氏も10秒後くらいに合流し店に入り色々とお話しした

プライバシー的なアレのため詳細は伏せるが御二方のTwitterでは見せることのない面を再び見ることが出来て終始ニタニタとしていた気がする

気持ち悪くて申し訳ないが酒も入っていたので勘弁してほしい

インターネッツ上ではこの人はこんな感じだろうと思っていても実際に会って話をしてみるとTwitterで見られるのはただの一面程度なんだなあと実感するばかりである

だしマスター氏は特にそんな感じで○○というワードが出る度にその思いが強まり、またさかこ氏は後述するが二人でお話をさせてもらったときにこの人掘り下げていくとおもしろそうだなあと感じた

食事後はカラオケに行って噂のさかこ氏のセクシーボイスを聞いてきた

だしマスター氏の人にやさしくを聞いたりさかこ氏とTime judged allをデュエットしたりして楽しい場だった

その後は各自帰宅の道に着いた

だしマスター氏と別れてからさかこ氏と~20分程度?仮面ライダーや就職、「さかこ」の秘密なんかの話をしたのだがこれまたさかこ氏の面白さが感じられて楽しかった

とりあえずさかこ氏の来年がどうなるのかという思いがある

普段年上の方と接する機会は稀で貴重な体験をさせてもらったり、また会うたびに奢っていただいて御二方には本当に感謝の気持ちでいっぱいである

また機会があれば下っ端として使ってもらって大丈夫なのでよろしくお願いします

 

 

 

ゲームの話

モンスターハンタークロス

ボチボチやっている

まだ上位に上がったばかりでありHRは6

下位装備のまま突っ走っているがヘタクソなので普通に厳しい

一通り弓で終えた後は4→4Gとメインで使っていたチャージアックスに移行

GP→(超)高出力が出来なくなったりであれやこれやと言われているが個人的にはアリ

カウンター気味にGPを利用出来るのがなかなか楽しいのでOK

武器の性能というよりは使っている時の楽しさを重視したい

チャージアックスとランスはガ性2攻撃小、弓は集中攻撃小で運用しているが下位装備だとあまりスキルもつけられず厳しい

かといって集会所をソロでやるほどやる気に満ち溢れているわけでもないので友人とやるときに寄生しようと思う

 

クリミナルガールズ2

表のラスボスまでは倒し、各個別ENDを回収中

個人的に今作は戦闘のバランス調整がうまくいっていないように感じた

また各キャラの提案がアホになっていたり(一人だけ生き残っているのに味方蘇生の提案をしない等)して戦闘面に関してはストレスを感じずにはいられなかった

前作と異なり普通に進めているだけではほぼ確実にボス戦で全滅するのでボス前にレベリングを行わなければいけなかったのも面倒だなあと感じた

ストーリーは前作同様熱い展開もあり好みである

キャラ

CV:五十嵐裕美のスイ1強だと思っていたが一通り終わってみるとツカサもなかなか魅力的に感じた

最初はただの悪ガキだと思っていたが物語が進むにつれ思いやりの心的なのが表に出てきてそのギャップがたまらなかった

 

f:id:walkingtkmr:20151224154322p:plain

              図1 スイ

f:id:walkingtkmr:20151224154327p:plain

          図2 ツカサ

 

今作では簡単に言うとレベルアップ時にそのキャラをSかMのどちらの属性に寄せていくか選択することができ、それに応じた技を覚えるというシステムであったが正直キャラの役割が被りがちになったので(クロエとツカサ、リリとユリネ等)これは前作と同じく覚える技は固定の方が差別化できたんじゃないかと感じた

OPR系とハント系が一人ずつであったのは良かった

特にOPR系はシンの後継者ということでかなり期待というかテキトーな扱いだったらふざけんなよという思いがあったのである

おしおきは相変わらず卑猥でいやらしく普通にムラムラしてくるのが困る

表ENDを回収したら裏END回収に向かいトロコンを目指していきたい

なんか文を書くのがめんどくさくなってきたのでこの辺で終わりとする

終わり