そのうちやります。

毎日更新したい。

結城友奈は勇者であるイベント 満開祭り

3月15日豊洲pitにて行われた結城友奈は勇者である「満開祭り」イベント昼夜の部に参加した
以下簡易的に思ったこと感じたこと等をまとめておく

イベントの構成は昼夜ともに同じ
昼は前から数列目あたりの中央でキャストの顔が生ではっきりと見える座席
夜は後ろから数列目の端座席でスクリーンも見にくく音をメインで聞いていた
流れとしては
照井春佳ナレーション付ムービーを観て(昼夜でセリフの内容が異なっていた)ホシトハナのライブ
勇者部5人のキャストの自己紹介
ラジオでやっていた「帰ってきたバーテックス」コーナー
これはキャスト5人のうち1人がバーテックス(敵役)を演じ残りのキャストが指定されたお題に沿って敵を言葉攻めするといったもの
昼の部では長妻樹里さん,黒沢ともよさんが敵役
夜の部では三森すずこさん,内山夕実さんが敵役を演じていた
「帰ってきたバーテックス」が終わった後は朗読コーナー
内容は結城友奈は勇者である4話のカラオケ場面とほぼ同じであるが時系列としては12話後のものだという
まずは内山夕実さんのライブ
犬吠埼風のキャラクターソング「soda pops」を歌う
次に照井春佳さん,長妻樹里さんの二人で「○△□」
そして三森すずこさんが「古今無双」を歌った後黒沢ともよさんの4話で歌った曲(名前がわからない)
朗読コーナーの後小学校の卒業式にやるような卒業の言葉?な流れで結城友奈は勇者であるの歴史を振り返る
その後生アフレココーナー
結城友奈は勇者である9話以降の特徴的なシーンを再現
途中で黒沢ともよさんがソロで祈りの歌→一旦キャラクターの回想シーンが流れ再び黒沢ともよさんが登場
アコースティックギターを演奏しつつ祈りの歌を歌う
アフレココーナー後Aurora Daysのライブ→最後の言葉
キャスト一人一人今回のイベントの感想や結城友奈は勇者であるについて3~4分程話す
昼の部では長妻さん以外は泣く気配は無く淡々と話していた印象
長妻樹里さんは作品に対する思い,役に出会えたことへの感謝を主に
黒沢ともよさんはキャストや犬吠埼姉妹の空気感について
内山夕実さんは作品を通し普段ありふれているもの,ことの重要さを再確認できたこと等
三森すずこさんは生アフレココーナーの演じている際の自分の表情について
照井春佳さんは言いたいことがまとまっていなかったようで言いたいことの半分しか言えず終了
なんとなく村川梨衣さんを思い出すような話し方だった
夜の部では三森すずこさん以外は泣きそうな雰囲気
長妻樹里さんは自身が演じたキャラクター,この作品に出逢えたことについて感謝
黒沢ともよさんは自分のキャラクターが声が出なくなり出番が無くなったにも関わらずキャストクレジットに自分の名前が乗っていたこと等話題にあげ泣く
その際彼女の演者としての心意気について言及されており女子高生ではあるが既に一人の演者なんだなと実感
内山夕実さんは前二人の話を聞き多少涙腺に来ている様子で作品に対する感謝,キャスト陣がそれぞれのキャラクターに合っていること等ついて言及
自身の演じた役について自分の喉がどうなってもいいから全力で演じた等役に対する思い等も語る
三森すずこさんは昼の部のおどけた感じでなく真面目に役に対しての思いを語る
自らの役への取り組み方や他キャストのアフレコ前の緊迫した空気感について触れる
照井春佳さんは昼の部と同様話すことがまとまっていない雰囲気でしばらく話す
突発的に思ったことを話していたので会場に多少笑いが起きていたがそれでも彼女のこの作品に対する思いは伝わってきた
照井春佳さんの演じたキャラクターを大事にしている姿勢は素直に凄いなと感じた
5分程?話し各キャストにこのキャラクターがあなたで良かったと泣きながら伝える
一人目の黒沢ともよさんに言う時点でかなり泣いておりきちんと言葉を発することができていなかったが
それでも一人一人にきちんと言葉を告げる姿は素晴らしかった
その言葉を聞いた黒沢ともよさんが監督に言われたという大事にしている言葉を引用し〆


以下各声優について思ったこと
照井春佳さん
ほぼネットなりで見た姿と同じ
アフレコ前なのに台本を忘れたりしていたのは面白かった
全体的に落ち着きがないというか空気を読めていない発言をすることが多く笑いを誘っていた
やたらと目がキラキラしていたのが印象的であった
アフレコで12話の「届けー!」が聞けたのが○
欲を言うなら一話の変身シーンなり5話の満開シーンのアフレコも見たかった

三森すずこさん
キャラソンを歌い終わった後のドヤ顔に笑う
全体的にニコニコしていたのだがふと見せる真顔が良かった
アフレコ時の表情の変化がもっともあったと感じた
特に泣きの演技の際は本当に悲しそうに演じていたのが印象的
その際の表情は後々抑えていたと述べており実際のアフレコ時にはどんな表情をするんだろうと思った
やっぱり歌がうまい

内山夕実さん
生の声が思ってたものと異なり驚く
調子を上げて喋っているときはほぼ変化なしであったが素が本当に聞いたことのないような声であった
目元のメイクなりつけまつげがいかつくとても愛らしかった
台本を見るため視線を落とした時等は目がほとんどつけまつげで隠れていた
昼夜の部共にイベントMCを務めており流石に会話を回していくのがうまいと感じた
三森すずこさん程ではないがアフレコ時の悲しそうな表情が印象的
またマイクに対しななめ45度程度で立っていた姿も記憶に残っている

黒沢ともよさん
初めて生で見たわけだが雰囲気が本当に女子高生っぽいなと感じた
あざとい仕草をちょくちょく見せていたが可愛かったので良し
アフレコ時の表情の切り替えが最も早いように感じた
直前まで笑っていたのに演じる数秒前になって顔つきが変わったのに驚く
今回のイベント一番の収穫といっても良いのが彼女の演者としての意識について知ることが出来たことで
正直女子高生ということでどこかアイドル声優的な認識をしていたが今回のイベントを通してしっかりと一人の役者として認識するようになったと感じる
歌もうまくギターを弾くなり多彩な姿を見せる
正直今回のイベントでかなり好感度が上がった気がする

長妻樹里さん
初めて見た時は茅野愛衣さんと竹達彩奈さんを足して割ったような印象であったが実際見るとそうでもなかった
5人の中で一番脚が細いなと感じた
アフレコパートで「遠からん者は〜〜」が聞けたのが○
叫びのシーンが最も多くしっかりと演じていた
アフレコ時キャラの映像も流れていたのだがキャラの口と声が一番合っていたように感じる