そのうちやります。

毎日更新したい。

5/15

卒業した小学校の高学年用の校舎の入口にいる
理由は忘れたが屋上に行かねばならなかったため階段を上がっていく
屋上に続くドアまでたどり着いたところでドア越しに2名の10代半ばの男女が炭酸飲料を飲んでいることに気が付く
屋上に入ろうか悩んでいると向こうの方からドアを開けてくる
「君も炭酸を飲みに来たのか」と言われ「そうだ」と返答するとファンタグレープの缶を渡される
飲んでみると炭酸が抜けていることに気が付いたので砂糖?グラニュー糖?だかをファンタに入れ炭酸を復活させる
ファンタを飲み終えた後屋上から出るとなんらかの理由で逃げなければならなくなり校外へと走る
気が付くと宇宙空間に投げ出されておりイワークと戦闘
まともな攻撃が通じず苦戦していたが何度も攻撃していくうちに人間でいううなじの部分が弱点ということに気付く
相手の攻撃を交わしこちらの攻撃を入れるカウンタースタイルで戦い勝利
大学の同級生もイワークと戦っており皆うなじ部が弱点と気付かず苦戦していた


気付くと高校の校庭にいる
町内会のお祭りだかなんだかでハワイ旅行をかけたマルバツクイズが行われている
外人にヒントを与えたりして何問か正解しているとクイズ参加者は整列し人と人の間を十分に開けるよう言われる
十分に間隔を取った後クイズを待っていると主催者がなにか早口で喋っていることに気付く
まったく聞き取れるわけもなく旗を上げ下げしているだけなので何をやっているかと思っているとどうやらそれがクイズらしい
しかし参加者の全員が何を言っているか聞き取れないためブーイングが起こる
そこで主催者の顔を良く見てみると中学の国語の教師であった
クイズも聞き取れずブーイングも収まらないためどうしたもんかと思っているとなにか大きな音がしたため周囲を観察
花火だ
そういえばここ数年花火を見ていなかったなと思いながらボンヤリ眺めていると主催者側が時間を作るため花火を打ち上げたのではないか?という話になる
去年の花火プログラムが残っていたからきっとそれだろうと思いながら次々打ち上げられる花火を見る



場所は変わって大学の製図室
CADで図面を描いていると機械製図の准教授が画面をのぞき込んでくる
意味不明なことを呟きどこかへ行ったのでなんだと思う

終わり