そのうちやります。

毎日更新したい。

思ったこと

昨日元中メンで居酒屋に行ったりその辺を歩きながら話したりして気付いたことを書く
何のことはない
昔から私を知っている人に対しても上手い具合に会話を振るなり場に馴染むことが出来なくっているということである
これはあくまで自分が感じていることなので他から見れば自然にふるまえている可能性もあるが個人的には厳しい

まず自分が話題を振ることが出来なくなっているということ
他人に話題を振られた際はなんだか適当に返答出来ていると思うが他人から振られた話題が尽きた時どうしようもなくなる
ある話題が終わり次は自分が話題を振る、といった状況において振るべき話題が出てこないのである
何を話せばいいのか
どういった質問をするか
といった方向に考えが向いてしまい結局何もしゃべれなくなってしまい
しまいには異常に風景を見たりふらふらと歩いたりと突飛な行動をしてしまう
上には話題を振られた際適当に返答しているとは書いたがこれは調子の良い時のみで
何と返せばいいか
と考え始めてしまうと「ああ〜」とか「へぇ〜」といった言葉しか発せなくなる
これはおそらく長年の自分で思考せずにだらだらと過ごしてきたツケだと感じている
多くの人と関わらず独りよがりに外にも出ずに過ごしてきたからだろう.............
家の状況(なんか言うとすぐ否定される)も多少はあると思うが、まあ自分の凝り固まった考えに起因していると思う
理想的には中学メンのように楽しい話題を自分から提供し、また広い知識を持って相手の話題に共感できるような人間になっていきたいが
いきなりそんな人間になれるわけはないので空いた時間や中学メンや大学の知り合いと会話する際
自分の話題なり話し方を意識していきたいと思う
最近就活セミナー的なので自分とは何かをしっかり考えるようにと促されたためちょっと自分について考えた次第である


早ければ来年の3月頃から就活である
自分についてしっかりと理解すると共に自分のやりたいことを明確にする必要がある
そもそも何で工学部を選んだのかも曖昧な状況は非常にマズイ
来年の2月頃から研究室配属となるが結局研究室も自分のやりたいことに対する手段としなければならない
はじめに将来的に自分のやりたいことがあり、そこへ到達するための手段として進む研究室を決めるべきである
今の自分はなんだか教授の印象がうんたらなりこの分野ならちょっと興味を持ってやれるだろうといった適当な考え方なので
しっかりと自分の将来像を見据えて時間を使っていくことが重要と感じている
自分が何なのか
中学あたりから深く考えずに過ごしてきたがそろそろしっかりと考える必要があるだろう
今の自分はしっかりとした軸がなくナヨナヨして他人に攻撃されるとすぐに死んでしまう
きちんと自分について考え、自分の好きなことなり感性からなぜそれが魅力的なのか....といったことを明らかにしていって
ブレない軸を持つ人間になりたい


コミュニケーション能力が普通に喋る能力(=ただ言葉を発する)の示すのでなく
広い教養なり質問力を持ち物事に対して柔軟に対応できる(いわゆるコミュ強というやつ)能力を示す
といったことに最近まで気が付かず自分にコミュニケーション能力が無いことを自覚していなかった
自分はまだ本当に小学生レベルのことしか思えない(めんどくさいなりヤダなり)上にうまい具合に人付き合いが出来ないので致命的
終わり