そのうちやります。

毎日更新したい。

劇場版 selector destructed WIXOSS

 

を、観てきましたので感想を書きます。

 

 

 

話の大筋は、infected、spreadでselectorという物語にまとまりがついていたため、今作ではその後を展開を描く、というわけではなく、ある人物に焦点を当てて掘り下げていくといった形であった。

ある人物というのは、釘宮理恵さんが演じるウリスと劇場版新キャラの留未。

彼女のバトルに参加する動機なり、内に秘めた願い等について描かれていた。

開始から半ば程度までは新規映像も少なく、アニメ1期から2期にかけての総集編といった印象を受けた。

これは劇場版に備えアニメを観返した人にとっては、退屈な時間だったかもしれない。

自分はというと、アニメは全部観ていたが、設定を思い起こしたり、アニメを観返したりといったことをせずに鑑賞したため、この時間はおさらいのような位置付けで、そんなに悪くは無かった。

というか、ああ、こんな感じだったな、と映像に集中できる要因となったかもしれない。

まあ、おさらいとはいってもTV本編の要所要所をピックアップして流す、という構成のように感じたので、劇場版のみを観て設定を把握しきれるかどうかはなんとも言えない。

バトルをする意味、登場人物各々の願い、等は触れられていたように思うが...。

完全に初見の場合、白と黒という言葉が意味するものとか、夢限少女の概念だとかがイマイチ分かり辛いかもしれない。

ざっくりと1期のまとめを終えた後あたりから、二期の内容に入り、ウリス―イオナペアの本編で描かれていなかった、裏で思っていること等が描写されはじめ、特にウリスに焦点を当てて物語が進行していくように感じた。

ネタバレになるが、ウリス=留未の相手を内面から崩壊させたい(心を折る)、そういうようなバトルを行えるセレクターのルリグになるという願いなど、TV本編でも窺えた彼女の狂った面が前面に押し出され、釘宮理恵さんの演技力の凄さを再認識した。

今作の見どころは、この釘宮理恵の演技力に尽きるかもしれない。

そう思わせるほどに、ウリスが狂っていると思わせる感情的な演技が際立っていた。

釘宮理恵さんは声質もまた目立っているが、このような演技力も彼女の凄さというか、実力なんだなあと実感した。

selectorを知らなくても釘宮理恵さんのファンなら観て損はないはずだと思う。

また、TV本編ではちょっとしか触れられていなかった(多分)、タマのその後についても今作ではしっかりと描かれていた。

結果的には、彼女もまた他のルリグと同じく人間となり、るう子と再開した場面が描かれたいた。

感動的な場面であったが、イオナ=ユキはどこにいった?とちょっと疑問に感じた。

注意不足だったかもしれない。

 

先にも書いたように、今作の見どころは釘宮理恵さんの演技力であり、本当に観て良かったと思った。

釘宮理恵さんをはじめ、声優の演技も作品を楽しむうちの1つに入っている人にはオススメ。

物語の展開に目新しさを求めてる人にとっては、映像、物語の展開のほとんどが一度観たことがあるものなので、つまらないという感想を抱くかもしれない...。

selectorは登場人物各々の願いに焦点があてられ、キャラクタが感情的になる場面も多いため、キャラクタが感情的に振舞っている姿が好きな自分にとっては好きな作品である。

うまく言い表せないが、そういった描写を見るとドキドキしたり、涙が出てきたりして、感情が昂る。

なぜか。

 

それにしてもWIXOSSというと、何年か前のAnimeJapanというイベントでクリアファイルをもらったことが思い出される。

この作品を知ったのがもう年単位で前のことなので、なんだか時の流れを感じた。

 

f:id:walkingtkmr:20160214180923j:plain