そのうちやります。

毎日更新したい。思考の整理場。

2016 冬アニメ ~9話感想

 

アニメを観るのが辛すぎる。

やめればいい?それもそうかもしれない。

 

 

仮面ライダーゴースト

マコト兄ちゃんの人の出番が無くてかわいそうだけど、アラン様がネタキャラ化しそうな雰囲気を出してて今後が楽しみである。

名護さんもライジングを得たのち、音也との邂逅を経てネタ化していった(特にケンゴがイクサになったあたり)ので、アラン様も兄関連でなにかやらかしてネタ化してほしい。

御成というネタを前面に押し出したキャラがいるため、アラン様はシリアスな笑いを誘う方向のネタキャラ(チェイスみたいな)になっていってほしい。

最新回(最後で仙人が敵側?であることが示唆された話)はよくわからなかった。

マコト兄ちゃんが話に振り回されすぎではないか....。

敵ガンマも良く分からないまま死んでいったし。

とりあえず英雄とのコミュニケイトを頑張ってくれ。

 

・魔法つかいプリキュア

正直に言うとあまり真剣に観ていない。

3,4話と溜めてしまっている。

が、2話のようなベタベタな王道展開は結構好きだし、今のところ追加戦士もなく二人でやっていきそうな印象を受けるので、ひょっとしたらはまるかもしれない。

 

・鉄血

フミタンに続き、ビスケットも死ぬとは。

2クールじゃなかったら一回離脱→ガンダムフレームに乗って、三日月らの窮地を救う...みたいなアツめの展開があったかもしれなかったのに....。

カルタ様?とかなんとかいう、白髪の麻呂みたいなキャラクタはそんな嫌いじゃない。

高飛車気味なキャラクタがボコボコにされてヘコんでいる姿を見るのは好きなので。

何回も言ってますが、ガンダムフレームもっと増えないものか...。

キマリス変形体的なのが出るみたいだが、あまりカッコよくなかったので残念。

キマリス自体は結構好きなんですけどね。乗るはアラヤシキ後アインだろうか。

 

・大家

得るものは無い。観るのをやめた。 

 

・グリムガル

 メリイさんにあまり関心が持てないので話が面白くない。

 

魔法少女なんてもういいですから。

観るのやめた。

 

・ファントム

これも正直観るのを止めたい思いがあるのだが、内田真礼氏が出演されているということもあり、ボニャリと観ている。

最近、キャラを可愛く映す回(エロ含む)、とでもいうのか?

1キャラに焦点をあてて内面を掘り下げていく...という展開に飽きてきている気がする。

それよりかはもっと、話の大筋をすすめてもらいたいというか、ファントムが出現する要因を探ったり(これは1話あたりで語られていたか?)、それを抑止するために動くみたいな話が観たいかもしれない。 

異能力モノは好きなんすけどね~~~~~~~~~~オライッオライッ。

 

・この素晴らしい世界に祝福を!

なにかのインタビューで、雨宮天がキャピキャピしたアホキャラは苦手と答えていたため、アクアを見るのがより楽しくなったように思う。

雨宮天が自身の演じるキャラについて、心の中では低俗なものだと割り切ってそうで、また、そういう心意気のもと仕事だから、と割り切って演じているとしたら素晴らしいな。

何を目的に観ているかというと、まあ天の演技と、茅野のキャラだろうか。

めぐみんは登場初期は良かったんだけど、最近はただの一発屋というか...(もとからそうなんだけど)。

デュラハーンもなんのために出てきたのか....。もう少し物語に絡んでくると思ったのだが。

唐突に主人公が死んだり生き返ったりしていたが、そこまでシリアスなアニメではないので適当に観ていたし、ギャグアニメのような位置で視聴を続けている。

天も出てるし最後まで見るのではないか。

 

・ハルチカ

謎解きばっかやってるので観るのやめた。

 

・アクティヴレイド

小澤亜李は惜しかったけど、それだけのために観るのは無理だから観るのやめた。

 

僕だけがいない街

概ね原作通り。満足。

悠木碧が演じる雛月はかなり良いですね。

たまに小学生であんな声低いか...?と思ってしまうが、まあアニメだから良し。

雛月が藤沼家で保護されている際の、朝食を見て泣いてしまう場面は原作より良かった。

やはり動画になると、雛月の通常の朝食がどんどん貧しいものとなっていく様が悲痛に感じられ、涙する場面での雛月の思いを強めているように思う。うむ....。

1クールっぽいが、尺がかなり不安である。超展開で終わらせるのは出来ればやめてほしい。

超展開でも笑えると思うからそれはそれでいいのだけれども。

 

・ギャル子

感想は特にない。

ギャル子が案外いいやつであること。

能登麻美子

高橋未奈美の出番増やして。

ネットでオタ子は普通にブスという感想が書かれてあって、笑ってしまったこと。

以上。

 

ヘヴィーオブジェクト

ダイヤモンドの欠片を吹き飛ばして、モビルワーカーみたいなのを破壊していてすごいなと思った(話がうまくいきすぎ)。

あれじゃあ主人公死なないだろ。

 

・パンドラ

キャラ萌えのために観ているような気がして、そういった目的のために観たアニメというのは最終回から1週間くらいで記憶から消えるので、観るのをやめた。

 

・亜人

一話録画失敗していて萎えた。(おそらくケイが病院に捕らえられ拷問なり人体実験をされる話)

 

・ブブキ

ちょっと溜めてしまっていて観ていない。

週末のアニメが大体こんな感じの状況で申し訳ない。

sakako氏によればなかなか破天荒な展開になっているみたいなので、時間をつくってさっさと観たい。

 

・ラクエンロジック

声優は好みの人が多いが....、観ててもどうしようもないので観るのやめた。

 

うたわれるもの

もはや惰性で観ている、といっても過言ではない。

アトゥイの出番があまりないし....。

 

小麦ちゃんR

金髪は可愛いけど、得るものは何もない。観るのをやめた。

 

 

冬アニメも半ばを過ぎたあたりで限界を迎え始め、続々と観るのをやめてしまった。

アニメを観る時間が無いというわけではなく、アニメを観るためのnasneを起動するエネルギィが依然より格段に必要となってしまい、「あ、アニメ観よ...(nasne起動するの)めんどくさいしいいや...」と思考し結局溜めてしまう。

こうなってしまった背景は色々あると思うけど、1つにただアニメを観る、というのがなんだか時間がもったいないな、と感じ始めているのではないか。

これから研究がはじまるし、いろいろ勉強もしたい。また、出来る限り模型だって作りたい。

要は、自分の中で、依然(~大学二年あたり)よりアニメの優先順位が下の方に位置しているのだろう。

そのため、観たいアニメでも、なんかしながら倍速で観る、といった行為をしてしまうと考えられる。

また、これに気付いたとき、たぶん、この現象(現象か?)は他の人はもっと早く起きているんじゃないかな、と思った。

というのも、中学時には当時放送されていた深夜アニメ等の話が出来た知人でも、高校―大学と年が経つにつれ、話が出来なくなってしまい、「なんだよ、オタクなのになんで今のアニメ観ないんだ?」といった疑問を抱いたことがある。

知人Kなんかは、ガンダムが好きなのだが、上の時期に放送されていた00、AGE、Gレコ、鉄血などは一切観ていない。

「新しいガンダムはなんかやだ」とのこと。かなり切なくなった。

その時期に放送されているアニメの話を出来る人間は、もうほとんどいない。

主にTwitterの人間と会った時に話をするくらいじゃないかな、と思う。

S氏なんかも、Twitterやblogでアニメを観るのが辛いと発言されているし、年を重ねるにつれアニメからはやはり離れてしまうのだろうか....。

これが大人になるというやつだったら、なんだか悲しい(本当に悲しいのか?)。

 

 

また、最近自分の好きなアニメが否定されたら~~~みたいなのが漫画と共にTwitterで話題になっていましたね。少し自分の意見を書いて、頭を整理したい。

まず、あの画像(+ツイ)を見てはじめに思ったのは、この発信者はそうとう意思が弱いというか、自身がないのかな、ということ。

これは、大学などでぼくは仮面ライダーが好きであることを隠しておらず、「お前はバカ」、「幼稚」、「ガキの見るもの」、「頭は大丈夫か」などの意見がある中、仮面ライダーへの思いは変わっていない(ゴースト微妙だから最近ゲンナリしてるけど)ことからか、そう思った。

数値に関する情報(たとえば、試験の点数、偏差値...)を述べただけでも、自慢と受け取ってしまう受け手がいるように、作品に対する意見を個人に対する中傷(嗜好の否定??)に近いものとして受け取ってしまう人もいるということだろうか。

テレビ、ネット、新聞などのメディアを通じて、あらゆる情報が絶えず配信されてしまっているから、たぶん、そのメディアの嗜好というか、表現に洗脳されてしまっている人が増えてしまっているのかもしれない。

女性が痩せたがるのもそのせいだろうか。

まあ、あの画像もネタかもしれないし、簡単に〆たい。

何が言いたいか、というと

お前の好きなようにしたらええやん

終わり