読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そのうちやります。

毎日更新したい。

3/19

雨宮天麻倉ももらとラーメン屋にいる。

なんでもない雑談をして店を出ると、予約した新幹線にギリギリ間に合うか間に合わないか、といった時間であることがわかる。

二人にもう行かなければならないことを伝え、急いで電車に乗る。

そうすると、ぼくより身長が高くナイスバディな金髪のチャンネーが話しかけてくる(お前何歳?なにしてんの?元気?みたいな感じだったと思う)。

つたない英語で彼女と話していると、彼女は僕の腰に手を回してきた。

悪い気分ではなかったので雑談を続けていると、彼女は突然腰から手を離してきた。

よほど腰に手を回されるのが好きだったのか、プリーズ!とかホールドミー!みたいなことを連発して、挙句の果てには彼女のナイスバディを堪能するべく彼女に抱き着いたり、彼女の胸を揉みまくるという暴挙に出た。

彼女の身体を揉みまくりながら、旅行に使うキャリーケースを忘れたことを思い出し、新幹線に乗って某所へ行ってもどうしようもないことが発覚し、その旨を彼女に伝える。

すると、自分とセックスすればいい、みたいなことを言い出したので、電車内でのセックスを強行する。

結局目的駅までセックスし続け、射精出来ないまま駅のホームに全裸で投げ出される。