読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そのうちやります。

毎日更新。

4月15日(金)色とりどりの世の中で

クウガTシャツが届いた。

かなり気に入っている。

f:id:walkingtkmr:20160415195651j:plain

↑これの色違い版もあり。(白と黒を入れ替えた奴)

 

f:id:walkingtkmr:20160415195657j:plain↑ポレポレ。

 
今日は朝イチに講義があったので早起き。
わりとスパッと早起きできて、別の意味で何回も仕掛けたアラームが鬱陶しいなと感じた。
結局起きる/起きないは気持ちの問題かもしれない。
早起きして最高に一日を過ごすぜ!と思っていたが、電車内で下痢が襲ってきて飛散だった。
電車内での腹痛は本当に勘弁してほしい>ぼくの体
 
講義は英語。単位的には足りているのだが、なんか英語やっときたいというのと、英論読んでどうしてもわからない表現があったときなど相談できる相手を作っておきたいというのがあったので履修した。
単位を気にせず受ける講義というのはまた新鮮だった。
昼食は研究室のイケメンにおごってもらったりして、イケメンはイケメンなんだなと思った。
なんなのか....。嫌味もないし、ユーモアもあるし、人生楽しそうだし、素直に良いなと思う(嫉妬とかではなく)。
 
午後。図書館にいって論文を読んだりぼーっとしてたりした。
途中電子辞書の電池が切れてやるせなくなったりしたが、まあなんとかなった。
午前の英語の経験が生きたかもしれない。
疲れたので研究室の居室に戻ると、同期Gが自身の研究というか、まあ作業について愚痴をブヂブヂと言ってきた。
作業がつまらんとか、めんどくさいとか....いつまで話すのか...........。お前の話の方がつまらんしめんどくさいわ!
同期G、どこかの記事にも書いたが私にゴムボールを投げてきたり、このような愚痴をぶつけてきたり、みんなで何かをやるのが正義とでも言わんばかりの振舞いをしているため、なかなか厳しい。
会話も難しいので、「うーん」とか「あ~大変ですな~」、「ハハハ」と適当に流していたら「ハハハじゃねえんだよ」とか言われて無になった。
このとき僕はパソコンに向かって作業している体でパチパチやっていたのだが、これは普通に話しかけるな的な意味を込めていたのだが全然伝わってなかった。
基本的に人の出入りが激しい居室は作業がはかどらないし、同期ともうまくコミュニケイト出来ていないし図書館での作業が主となるだろう。
他の同期はともかく、同期Gは何故あそこまでみんなで何かをやりたがるのか...。
集団の中でうまく振舞えてるとはあまり感じないし、さみしいのだろうか。