そのうちやります。

毎日更新したい。思考の整理場。

7月16日(土)京都行った

12日→15日まで研究で京都に行った。

某大学の学生とも話す機会があったが、なかなか刺激を受けた。

皆自由に尖りまくってんなという印象で、おそらく思ったことはベラベラと話す姿が非常に印象的である。

文句を言いながら人生を楽しんでいるという感じで、やはり羨ましいというか

常に自分を表現している?点が非常に憧れる。

そんな人々の中で数日過ごしたわけだから、関東に帰ってきた時は最悪だった。

まず人が多すぎるし、その人々の性格も傲慢というか、

そう感じさせるような振舞いをするもんだから気分がゲンナリしてしまった。

京都に居る時は関東に帰ったら尖り続けて研究室でも爆発してやる程度の勢いだったが

関東に来て数分でその気概はどこかへ行ってしまった。

なんというか関東はやはり人々から鬱屈したオーラが出てますよ...。

あと思ったのは研究に対するモチベーションが明らかに違う。

彼らは自由に遊びつつも研究はキッチリやっている印象で、

我々は色々と中途半端というか、なんかどうしようもない。

周りの雰囲気はやはり重要で、私の研究室もそういう雰囲気になればなあと思った。

後輩―先輩間も仲が良い。お互い敬いながらきちんと上下関係を築けている気がした。

あと椅子の質が良い。

やはりひじ掛けがある椅子を選ぶべき。

研究室の椅子はクソザコなので正直自費で椅子買おうか悩んでいる。

 

とまあ今回の出張では関西って良いなと思うに至ってしまった。

そしてより関東でナヨナヨしている自分が情けなくなったというか、

もどかしく感じるようになった。

まあなんとか気張って頑張っていきたい。教授にはアグレッシブに攻める予定。