そのうちやります。

毎日更新したい。

ゼミ合宿

研究室のゼミ合宿で長野県白馬村へ行った。

最近読んだ本によれば、自分が経験したことなど、

blogや紙に書くなどアウトプットすることで長期記憶しやすくなるとのことなので、

折角なので、簡単なまとめになるが記しておこうと思う。

 

初日。

初日はバスを利用して大学から長野へ移動した。

おおよそバス移動しか記憶にない。

やることはやったといえばやったのだが、諸事情により割愛。

宿についた後は即バーベキューだった。

研究室のメンバーとの食事ではいつもそうだが、

今回のバーベキューも教授から離れた位置で大人しくしていた。

一回だけ教授に話を振られたことがあったが、曖昧な対応をしたためかその後は特に何もなく会は終わった。

また、バーベキュー後に人生初の麻雀(ネットでは打ったことが有る)を体験した。

メンツはドクターの先輩、同期、私、T先輩(M1)。

ネット麻雀の弊害か点数計算が出来なかったり、手先の不器用さからか、

牌をうまいこと扱えないなど先輩方に迷惑をかける形となった。

盲牌とか可能なのか?

結果はビギナーズラックからか47000点でトップになった。

南入するまで一度も上がれずどうしようもねえなこれと思っていたところ、

先輩に「上がってないの高森だけだぞ」と煽られる事件が発生。

しかし、その次の局に倍満を和了

裏ドラが乗って倍満になったことから、私の能力は「煽られると裏ドラが乗る」らしい。

今後も煽られるようなスタイルで麻雀を打っていきたい。

 

二日目。

この日は八方山に向かった。

例年研究室の合宿ではスポーツ大会を行っているらしいが、

近場の体育館が取れないとかで急きょ登山に変更となった。

自分としてはスポーツ大会を行った場合、完全に無になるしかないので登山になってくれてありがたい限りだった。

f:id:walkingtkmr:20160812211525j:plain

f:id:walkingtkmr:20160812211532j:plain

八方池のある標高2000m程度まで登山。

登山というかハイキングは二年前の三頭山以来だったが、

やはり体力が落ちていることを実感する結果となった。

上りは体力も余っていることから割と攻めて動いていたが、

その反動か下りで膝が笑ってしまいロープウェイに乗って逃げる形となった。

 

f:id:walkingtkmr:20160812211534j:plain

↑下りのロープウェイ。よく分からない写真となった。

またこの日は宿に帰ったと、4年生の一発芸大会があった。

一発芸大会は研究室の伝統であり、先輩や教授に採点を行ってもらうというもの。

前々からアナウンスされていたものの、直前まで何をするか決めていなかったため、

もう勢いで暴走するオタクになるしかねえなと思い、

CCレモン1.5lを一気のみした後仮面ライダーの変身をするという流れにした。

結果からいうと一気飲み出来ず嘔吐する形となったが、

貧弱なオタクが暴走したという絵が面白かったのか、優勝してしまった。

宿の方には本当に申し訳ない。

貧弱なオタクが体を張るべきではない。

その後は初日同様麻雀を打ち、軽く夜空を見たあと早々に寝た。

 

最終日は上田城まわりを観光した。

観光とはいっても自由に行動出来る時間は昼食込みで1時間程度であり、

参拝して雑に辺りを見て回った程度で終わってしまった。

教養が無さ過ぎるため真田丸(ドラマ)の存在を知らなかったり

そもそも真田昌幸自体も知らなかったりでアホを露呈してしまう形となった。

観光すると分かっていたのだから勉強してから見ておけばよかったと後悔した。

f:id:walkingtkmr:20160812211536j:plain

上田城?良く分かっていない(アホ)。

帰りのバスではずっと寝てたので記憶が無い。

 

総括。

人との会話は難しい。

会話時に全くといっていいほど頭が働かず、「アー」とか「ウーン」など、

内容がない言葉を発するだけとなっているのは非常に問題があるのでは...。

加えて言葉を発しにくくなっているというか、やたらと

他には色々と興味を持つことが重要。

脳に情報が入力された際、はじめにプラスとマイナスのバイアスがかかるらしい。

このバイアスは興味があるか無いかで決まるもので、

入力されてきたある情報に対してマイナスのバイアスがかかってしまうと、

脳はその情報をいらないものとして処理しやすくなり、結果記憶として定着しにくくなるという。

正直あらゆることに対してメンドウだの興味がないだの割り切っていることが多いため今後気を付けていく。

 

以上です。