そのうちやります。

毎日更新したい。

今日やること

胃カメラを耐える

今日やったこと

胃カメラで泣いた

 

昨日に引き続き、今日は人生初の胃カメラを経験した。

鼻からは大して痛みもなく辛くないみたいなことをネットの記事で知っていたため、

割かしなめた態度で挑んでかかったがこれが痛い目を見る要因となった。

まず鼻の麻酔がしんどい。

なんだあれ。鼻から喉に苦いもん流しこむなや。

しかも対して効き目が無いように思えたというか、鼻の穴が小さいのも合ってカメラを突っ込むとき涙が出てきた。

5分程度でカメラによる観察、組織収集等が終わると聞いていたので、

「大した時間入れないし辛くないだろう」と思っていたが、5分は長い。

10秒くらいで観察を終えてくれ。頼む。

内視鏡検査の結果としては、胃の出口に鳥肌状の炎症が確認されるとのことであった。

この原因としてはピロリ菌感染などが考えられるらしい。

ピロリ菌感染のための採血をしたいところだったが、現在飲んでいる薬との関係でそれは6週間後となった。

あとあとこの鳥肌胃炎について調べて見ると、胃がんになるリスクが普通の64倍となるらしい。えこれマジ?

該当部の組織も採取された(普通に採取といっても引きちぎるもので胃から血が出てて引いた)ので、この観察結果についても早く聞きたいが、これもまた6週間後らしい。

「ものが食べられない」という症状の直接的な解決にはならなかったが、

上記のような症状がみられてことや、ストレス、疲れによる胃のただれ等が考えられることが分かったので、依然よりは対処がしやすくなったと思う。

とりあえずのところは処方された薬でなんとかしていきたい。

 

以上です。