読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そのうちやります。

毎日更新。

10月20日

D2の先輩が噺家になった夢を見た。

自分は寄席で先輩の講演をぼんやり見ていた。

なかなかウケていた。

朝早く研究室へ行く予定も無かったので九時頃に起きる。

しかし、11時に大学でやらなければならないことがあったため、九時半ごろに家を出なければならなかったため朝はバタバタしていた。

ブレイブウィッチーズを観ながら朝食を食べたりしていたわけだが、結局中途半端に観て家を出る形になった。無念。

研究室はさんざんだった。

研究室対抗スポーツ大会なるものがあったらしいが、なにかと理由をつけて欠席。

楽しいから来いみたいな誘いもあったが、どうも集団で馴染める気がしないし、

多分集団で盛り上がってるところを少し離れた位置から眺め、虚無になる気がしたのでやめておいた。

結局集団で馴染むのは自分には難しいのかもしれない。

ちんたら実験などをしたあと、大学のジムへ行き運動。

運動した研究室に戻ったが、なんか謎に夕食を食べている先輩方がいて辛かった。

とにかく、人と関わりたくないという思いが高まりすぎていたため、その光景を見た数分後に帰路に着いた。

実験室に荷物を置きっぱなしだったのは幸いだったかもしれない。

居室に荷物を置いていたら帰るときに挨拶をしなければならかったので...。

帰りは友人Kと一緒に帰宅。

人間と関わることの難しさについて語り合った。

中学、高校時代は周りとのかかわりは少なかったものの、

いうほど悪くない時間だったのではないか?

今の一人が好きになってしまった原因としては、お互いの浪人時代にあるのではないか

等、現在の人と仲良く出来ない問題について語り合った。

いろいろと思うところはある。自分を一番大事にするのがベターだろう。

なんか周りとの関係は悪化している気がする。

目も合わない。話もしない。そもそも存在を認知されているのか?

集団で話しているのを見ている時、完全に地蔵と化している。

結局のところ、なぜワイワイやっている姿に苛立ちを覚えるのか?という問について、

自分自身がそうできないから、猫を被って過ごしているから、というところに尽きるのかもしれない。

意識すれば自分の好きなように振舞えるかというとそうではなく、

結局この解に辿り着いたところで、同期や先輩方の前ではどこかフィルタをかけた自分として過ごさなければならないだろう。

しかしそういった自分が本当の自分ではない、と思っている訳では無い。

同じ人間であっても環境によって振舞いは大分変るだろう。

そういった自分も自分の一部ではある。

しかし、やはり精神的な負荷になっているのは事実なので、明日は研究室をサボろうかと思う。

せいぜい顔を出す程度で、友人たちと焼肉にでも行く。

 

以上です。