そのうちやります。

毎日更新したい。

12月12日

・日記

朝寝ぼけながら携帯のアラームを止める。

その際今日が12月12日であることを実感して、いよいよ2016年も終わるんだなと思い始めてきた。

自分にとって2016年はどういった年だっただろうか…。

自分の苦手な部分をなんとかしようと自分が避けていた雰囲気の研究室を選んだわけだが、より一層苦手意識に拍車がかかったかのように思える。

人といるのが非常にしんどいし、一人の時間をなにより確保したい...。 

そういえば最近の風呂上がりの際の冷水浴びだが、はじめの頃に見られたような冷水を浴びることがしんどすぎて耐え難いといった感覚が無くなってきた。

身体が慣れてきたという奴だろうか?

 

・研究

研究も意味が分からない。

今日はFM-AFMであるサンプルの形状象とXZ平面の斥力領域の測定みたいなことを行ったわけだが、前準備に非常に時間がかかってしんどかった。

共振周波数の設定をアナログに行わなければならないのがなかなかつらいし

そもそも研究とは書いたが自分の実験データではない。

自分の研究はこれからどういう方向に持っていけばいいか分からないし、

その割に何故か学会に出ろみたいな命令を出されているので非常に困惑している。

今後の学会の予定としては3月にアメリカ(これは今日振られたので未定)、5月に東京、6月にスロベニア、9月にフランス?とかいう意味不明な状況。

英語はカスみたいな語彙力と対話力しかないので努力していかなければならないが

いかんせん私の能力の無さが光る。最悪単語を並べまくって相手を呆れさせる予定。

今日はアブストを適当に書いて(といっても3時間くらいかかったアホ)、それを印刷していたら帰国子女の同期に英文チェックみたいなことをされた。

まあええやんみたいなことを言われたが、他の同期と比較して英語以外はカスみたいな能力だよお前はと罵倒された。おっしゃる通りである。

また、教授と中間諮問の内容に関して議論して今後の方針を固めていかなければならない。それに卒論もぼちぼち書かないと間に合わない可能性がある。

自分の研究は同じ系で実験を行っている論文が少なく、かつ研究室でも初テーマということでどういう方向で進めていけば纏まっていくのかといった見通しがなかなか立たないというのが現状。

最近はなんか同期との比較もありやる気が失せてきているので大変まずい。

同期が熱心に研究を進めたり議論をしていたりすると途端にゲンナリしてしまい、

同期がサボりまくっていると多少やる気が出るといった精神。

 

・心

あとはやはりどうしても自分の能力の無さを同期と比較して勝手に落ち込んでしまう。

どうも心の奥底で他人の研究だったり異分野の研究に関して興味を持てていないのか、

同期とディスカッションなどをすることができない。

正直どうでもいいと思っていて、アドバイスなり自分の考えといったものが浮かんでこず、相手と議論することが不可能。

頭の悪さもあるし、興味の無さもあるし、理解しようとはしているものの結局よくわからずじまいといった形。

自分の知識はもっと広げていきたいという思いはあるものの、どうもそれが表に出ていかない。

 

・シャドバ

遂にAA0へ到達。長かった。

A1あたりからアグロヴァンプをちょいちょい使い始めて、A2以降は昇格までアグロヴァンプで駆け抜けた感じだろうか。

得意なデッキ苦手なデッキがハッキリしているので、マッチングした相手によって思い切ったプレイをするか、半ば諦め気味にチャレンジングなプレイをするか等種々のプレイングが出来たのが良かった。

得意なデッキとしては超越ウィッチ、ランプドラゴン、冥府エルフ、ヴァンプあたり

苦手なデッキとしては回ってるテンポエルフ、土ウィッチ、ロイヤル全般等。

自分と相手の引きによって変わってくるのがエイラ、エルフ、フェイスドラゴン、アグロネクロ、コントロールネクロ等。

基本的に序盤に守護を展開されたり、ベビーエルフメイや渾身の一振り、エンバレ等で自分が展開したフォロワーが処理されると勝ちにくいと感じた。

展開した末のロイヤルセイバーオーレリアなんかはもう最悪である。

舞踏で除去できないし、なんかしら進化権を一回使ってゴリ押すしかないので勝ち筋が見えにくくなることが多かった。

ホワイトパラディンやエンシェントエルフなんかもなかなか辛い。

基本的なプレイング、マリガンはおおよそ誰が相手でも同じで

1コス2コスをキープしていって、相手により鋭利だったり舞踏だったり夜の群れあたりを持つか持たないか判断する感じでプレイした。

あとは眷属→ミッドナイトヴァンパイアの流れなど。遠藤綾は神ってますよ。

f:id:walkingtkmr:20161212230937j:image

 

以上です。