そのうちやります。

毎日更新したい。思考の整理場。

12月13日

今日はなんか同期で忘年会とかいうのがあるらしい。

はっきり言って家でゲームしたい思いの方が強かったが、同期みんなじゃなきゃ意味ねえんだよ!!みたいな輝かしい言葉に負けてしまった...。悪い所。

今日は研究は特にしなかったというか、卒論に乗せる自分が担当の試験機のマニュアルを作成していたら一日が終わっていた。

授業もあった(興味なかったので論文よんでたけど)。

昼食は外国人の客員教授と同期で言ったわけだけど、まあなんも話せんくて自分の英語力の無さに絶望した。たかが高校英語が出来た程度で調子に乗ってはいけない。

卒論は進捗がマジでカスな状況で、試験機マニュアルを作成後第一章の序論を書き始めたわけだが、なかなかウマイこと書けないもんで1頁書いて終了してしまった。

明日はちょっと頑張りたい...↑の教授とのディスカッションもあるので使える時間はあんまりなさそうだが...。

 

さて同期との飲み会。これは非常に思うところがあったわけだが…。

基本的に同期の仲を良くしようという議論だったり各々の恋愛遍歴といった話題が主だった。

はっきり言って飲み会的なのは嫌いだし(私が参加する意味がない)、

参加したくね~~と思ってたわけだが、同期が私の思っている以上にお互いのことを考えていたり、根の部分は真っ当な人間たちの集まりなんだなあなど発見はあった。

特に同期G(私にちょっかいをかけてくる男)が同期に攻撃されている姿はなかなか面白かった。これを機にいい感じの男になるかなあと思いながら様子をみていたが、曖昧な返事を連発するなどなんとも言えない結果だった。

根の部分では真面目な男だと思うので、何かしらの変化が訪れてくれればいいんだけど。

あと同期はやはり私以外はウェイ体質で、初めて付き合ったのは中1年だの、今まで付き合った異性の数は5~6人など、こいつら違う世界に生きてんな~と思いながら同期のばか騒ぎを聞いていた。

あそこまでよく騒げるものだ....素直に尊敬する。

後はM2卒業あたりには強固な仲を形成しようみたいなお話が多々あった。

各々の思っていることをそのまま言えるような関係、お互いに壁を作らないような関係にしていきたいといったいうこと。

その話を聞きながら私の障壁が崩れることはなさそうだな~と思った。

どうしても他人行儀に過ごす癖が染みついているし、心の底から仲がいいと思えるような日が来るのかは甚だ疑問である。

一軒目を出たあと、二次会に行くみたいな流れになったが、ふつうに家に帰りたかったし一人になりたかったので一人だけ帰宅。

二次会に行く同期たちを横目に帰りの電車に乗った。

やはり同期との時間の共有より一人の時間を優先してしまった。

 

以上です