そのうちやります。

毎日更新したい。思考の整理場。

12月28日

今日は一日休みで友人たちと出かけた。

主に秋葉とか浅草を散歩したり、映画(好きになるその瞬間を)を見たりといった形で時間を潰した。

シラフ状態でも友人たちの話の能力についていけていない。

知識が足りないことと、即座に言葉が浮かんでこないことが原因。

また新宿で飲んだ。発言量は相変わらず一番少なかった気がする。

友人たちは皆思うがままに話すことがあって羨ましいなと感じる。

脳と口が直結していないので、思ったことをすぐに話すといったことが出来ないのと

そもそも”思いつかない”、ということ。

その点友人らは頭の回転が早く咄嗟に振られたことに対してもウィットに富んだ解を示したりと羨ましい点がチラホラとあった。

まあ対人関係を拒否してきた自分が彼らのようなスキルを一朝一夕で取得できるわけがないので、少しずつ改善していきたいと思う。

今日読んだ本によると、あらゆる対象に興味が持てなかったり、知識に結びつかなかった理、楽しい感情がなかったりといった症状はシンプルに長期的な鬱状態なんじゃないのか、といったことが書かれていた。

人間は物事の変化に対して相対的な変化などを検出しているのであって、絶対的な状態を判断しているわけではない。

自分の場合は鬱のような状態が長く続いていたと解釈すると、

自分自身の状態について少しだけ理解がしやすくなるかなと思った。

 

以上です