読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そのうちやります。

毎日更新。

1月7日


f:id:walkingtkmr:20170107221511j:image
寝すぎた。まあ休日くらいしか寝るタイミング無いのでいいと思う。

12時間くらいの睡眠であった。

今日は特になにをやる気力もなかったので、ピロリの除菌結果だけ聞きに病院へ行った。体調もなんか悪くて目が重かった。

結果は基準値の半分くらいの収まっていて(基準値2.5 ぼく38→1.3)、無事除菌できたことが分かった。

まあ薬服用後のその後の食欲から多分いなくなってるんだろうなというのは実感していたが、きっちりとした検査結果が出て安心した。

ただ今後も2年スパンくらいで胃カメラの検査をするということで、厄介な病気にかかってしまったものだなとしみじみ感じた。親譲りなのでしょうがない。

なにかしようかと思ったが、自重して家でシャドウバースばかりやっていた。

その他少しだけ回避性パーソナリティの本を読み進めていた。

発達障害などの本を読むとやはり親との関係が重要とされており、

親との関係性がうまくいってなかったり、乳幼児期における親の子に対する応答が悪いと、身近な他人に承認されるという喜びを得られないまま成年になり、

他者との関係も冷めたものになりやすいとのことだった。

自分が幼い頃はよくわからないというか記憶にないが、

中学高校と両親と会話する機会は非常に少なかったし、自分の悩みを相談するということも一切なかったので、今の性格の形成にはこのへんの環境も少し影響しているのかもしれないなと感じた。

 

・シャドウバース

aa1になったもののやる気が出ない。アグロヴァンプに引き殺されてaa0に落ちた時は完全にシャドーバース引退しますといった心意気だった。

今はBP39000くらい。

ドロウィッチの100戦終了したので以下に。

ここ1週間くらいのものでランクはAA0-AA1帯。

f:id:walkingtkmr:20170107152725j:plain

↑相手 マリガン 勝敗

f:id:walkingtkmr:20170107154634j:plain

↑グラフとか。

細かいコンセプトで分けてないですが、現環境ではやはりアグロヴァンプが流行っている印象ですね。

ユリウスとかヴァイトがアホみたいに強いので5-6Tでシバかれることもしばしば。

1Tでマジックミサイルや虹の輝きで打点を抑えつつ、4Tあたりでレヴィ+ルーンのコンボで盤面制圧しないとほとんど負けが決まる。

もしくは相手がムチャに自傷して打点を稼いできた場合はデモストとか刃+盤面のフォロワーで13点ほど一気に削ることが可能で、そういった勝ち筋もあったりした。

ロイヤル以外のコントロール寄りのデッキは大抵苦手で、特にネフティスなり強力なラストワード持ちが増えたネクロなんかは勝ちにくい。

不死者+ウルズorネクロアサシンで盤面を処理されると途端に厳しくなり、

モルディカイや死の祝福、カムラなどでほぼ負け確。

最近はマスターで流行っているアグロエルフがAA帯に広まってきている感じがあるので、エルフに対する勝率はバッコリ下がるかもしれない。

1ターンで17点くらい?のダメージは主語のないドロウィッチには驚異足りえるかと。

また後攻の方が勝率高いのはスペブの特性もあるし、レヴィルーンなどのシナジーを持った組合せを決めやすいためだろう。

超越もそうだけどウィッチにおける手札の多さはなかなか重要かと感じる。

ただ最近悩んでいるのが運命の導きの枚数をどうするかということで、

3枚だと事故りすぎてよろしくないので2枚としているが、あまり役立つ機会がないし(ドロシー→運命→刃0コスくらいしか印象にない)、1枚にして別のカード入れてもいいかなと。

友人がmasterになったのもあってaa1でくすぶってる場合ではない。

早くマスター行って威圧していきたい。

 

↑オタクっぽくていい

↑今度チュウニズムでやる

以上です。