そのうちやります。

毎日更新したい。

5月21日

matome

夢日記

中学の同級生とどこかのレジャー施設にいる。

一通り遊び終えたあと、帰りの駐車場に向かう途中にふと携帯にメールが来たので内容を確認する。

From: 教授 To: 研究室メーリス

はじめとA以外は、土日に研究しろ!!

はじめは~~~~の実験をさっさとやれ!

みたいな内容だった。

メールを見て参ったなあと沈んだ気分になりつつ歩いていると、駐車場付近で人が倒れているのを見つける。

近くまで行くとその人が研究室のドクターであることがわかり、厄介な言葉をかけられるのも面倒なので逃走する。

どうした?

そういえば今日は自分の時間間隔のズレに気付いた。

今日のニュースを見た方なら、本日群馬館林にて猛暑日が記録されたことはご存知かと思う。

そのニュースを受けて自分は

「まだ4月なのにえらく暑いな~~」といった感想を抱いたわけだが...、これがおかしい。

そのときは今がまだ4月だと信じ込んでいたわけだが、実際はもう5月も終わろうとしている。

研究に忙殺されている影響か、はたまた日の経過に対する機微の欠如か、理由はどうにせよ実際肉体が経験している経過時間の感覚と、実際の時間間隔が明らかに合っていない。

実際の時間経過よりも遅いと思い込んでしまう理由はなんだろうか。

一日一日が単調すぎて「なにかを成した」といった実感が無いまま過ごしているからだろうか?

そういえば研究が始まってから四季のイベントに対して魅力を感じなくなった気がする。

日々の機微を楽しむことが出来なくなっているというのはなかなか寂しいものだし、

もう少しくらいは人生楽しむ気で過ごした方がいいだろう...(いろいろ諦めすぎて教養が皆無)。

英語プレゼン

まだ15分の発表に収まらない。

Introductionでモタモタして5分くらい使ってしまう(時間自体はいいんだけど、英語の表現が出てこなくてもたつくことが多い)のと、実験結果の流れを説明するときにつっかえてしまって、多少時間がオーバーしてしまう。

こういうのは何日、何週単位で地道に修正していくモノだと思っているので(少なくとも自分は即対応できるほどの能力がない)、明日明後日の発表はどうなるのか...。

変に早口で喋るより、もたもた頭の回転が間に合うスピードで話す方がいいかもしれない....。しかし15分は長い...。

さっき(22時くらい)発表練習したら14:56秒くらいだったので、あとはこなれれば時間調整まで見据えた発表が出来るようになるかも。。。

適当

机まわりをアップ。

模型のせいでやたらとごちゃごちゃしていたり(主に研削作業による)、異臭がしたりする(有機溶媒由来)がまあ...。

塗装もバリバリやりたいところだが、時間がかかりすぎるのがネックである。

一色の塗装するだけで半日かかるとかザラですからね...。(私の手が遅いだけ)

f:id:walkingtkmr:20170521224313j:image