そのうちやります。

毎日更新したい。思考の整理場。

7月4日

matome

同期G

私は院生室の環境がやかましいなと思った場合、イヤホンで音楽を聴きながら作業することが多い。

もちろん音楽のボリュームは周囲の会話が聞こえなくなるくらいで、耳にはよろしくないだろう。

で、自分の感覚としてはイヤホンをする=周りへの話しかけるなと言うメッセージかと思っていて、まあ一種作業させてくださいね感を出すための行為だと思っている。

だが、しばしばその状態の私に向かって話しかけてくる同期がいる。

まず手で私の視界を遮り、私の作業を中断させる。

で、なんかしら要件を言ってくるわけだが……。

その要件と言うのが問題がある。

研究室の仕事とかなら全然良いのだが、話自体が彼ののろけ話(昨日は女に遠出して会いに行くためのホテルの値段を相談?された。なんだそれ)が大半である。

流石にそういう話題で作業を止められるのはなかなかイラつくもので、どうしたもんかと悩み中である。

やはり人は言葉を出さないとわかりあえないものだろうか……。

論文+ゼミ

論文は8割くらいは書いた?かもしれない。

ただ、論文として適しているかと言われると非常にビミョーであるというのが本音。

まあ投稿日まではまだまだ時間があるし、今週の教授への提出締め切りはなんとかなりそう。

先週ブチギレてたのが嘘のようである。

ゼミの発表資料準備も今日終えたが、肝心の発表練習が全く出来ていない。

正直ぶっつけ本番で説明してみようかなという思いもあるがいかに...。

発表前日(今日)に一回くらいは練習しておいたほうがいいとは思っている。