そのうちやります。

毎日更新したい。思考の整理場。

7月9日 飽きた

matome

夢日記

父と一緒にドライブ。

他愛の無い話をしながらドライブを楽しんでいたと思うが、

突如父が豹変し(チンピラみたいになる)、他者の車に突撃するなど破壊行動を楽しむなり、ガソリンスタンドに放火したりしていた。

自分はというとただただ助手席に座り父のイカれた行動を唖然と見るだけであった。

近況について

・電車のアナウンスでもリュックについて言及されるようになってきているのか

・流行りものに魅力を感じないのでハンドスピナーとか一年後に買うかもしれない

↑なんか適当に思ったことの目も。

最近はあらゆることに飽きてきている。というか研究生活のほとんどに。 

研究室の人間関係、学会関連の作業、共同研究者とのミーティングとか、大学関連の出来事のほとんどがつまらないと感じる。

そんなわけで、特に平日の生活になにか変化を起こせたらなと思っているが、なかなかどうして行動力が無いのでそうできない現状。

そもそも行動を起こす源となる好奇心がないのと、加えて何かをするにあたっての抵抗力が大きいのが問題かと思う。

結局変化を起こしたいとか書いているものの、本当に一番したいことは何も考えずずっとダラダラしたい、なのでこの思いを飛ばす力が結構必要だったりする。

今期アニメについて

1-2話を適当に観たので簡単に感想を記す。

アホガール

頭を使わなくていいし、15分アニメなので

よしこの声優が悠木碧というのも○。

男が杉田というのもあって飽きずに見ていられる(見てないけど)。

漫画が正直めちゃくちゃつまらなかった(ワンパターンすぎるので)ので、あんまり期待していなかったのだが、これが逆に功を奏して面白いと感じるのかもしれない(?

風紀委員長がドスケベボディなのは今やオタクの中ではお決まりの設定となっているわけだが、久々にアニメで見るとやはりいい。

徒然チルドレン

なんかよく分からないラブコメ

一話は雑に観たのだが1クール見るには厳しい内容だったので切った。

Fate Apocrypha

モーさんがやたらと強い。戦闘シーンカッコ良すぎて語彙を失った。

FGOのモーさんもあれくらい強くなればいいのだが...。

二話でジャックちゃんも登場し、一通り両陣営の鯖の顔見せが終了。

話の展開を知らないので毎週が待ち遠しい。

最近見た映画

土日で何本か映画を見たので簡単に感想を書く。

ターミナル

ショーシャンクの空に

両方とも何回か見てる作品なんですけど、やはり良作ということで再視聴した。

ショーシャンクは中盤で少しキツい描写がありますけど、どちらも最終的に心温まる終わり方となっているので好きですね。

最高の人生の見つけ方

モーガン・フリーマンが出ている映画が見たかったので、amazonプライムで適当に検索、本作に辿り着く。

内容としては余命が宣告された二人の老人?が延命治療を放棄して、これまで自分がやりたいと思っていたが出来なかったことを一つずつ成していくという感じのもの。

所謂本作の棺桶リストを消化していく過程で、エドワードの世界一の美少女にキスするとか、見ず知らずの人に親切にする、のチェック方法がなるほどなあと思わせるものとなっていたのが良かった。

そりゃ世界一の美少女ですわな...。

ジャック・ニコルソン今まで知らなかったんですけど、かなりメジャーな俳優らしいですね...。

イエスマン

私みたいな根暗でめんどくさがりな主人公があるセミナーを通じて人生を変えていくお話し。

そのセミナーの内容は今後の自分に問われる選択に対して、全て「イエス」の選択をするというもの。

しょっぱなはホームレスに金をたかられる等悲惨な目に合っていた主人公だが、なんだかんだ作中通して明るい雰囲気で構成されていて、最終的にいい感じに終わったので楽しめた。

ズーイー・デシャネルが可愛すぎた。二輪に乗る女性には多少惹かれるものがある。

主演のジム・キャリーのコミカルな表情作りが本作の楽し気な雰囲気づくりに一役買っている気がする。

プラダを着た悪魔

アン・ハサウェイ主演。

バリバリのキャリアウーマンとして働く女性の姿を描いた作品という印象。アン・ハサウェイ(好きな女優のひとり)ということもあって、マイ・インターンと近い作風で自分としてはかなり楽しめた。

なにより本人が美人なのもいいし、彼女の表情がくるくる変わるのが好きなところなので、本作でもそれがきちんと映っていてよかった。

アンディがゴリゴリの仕事人間に変貌しつつ、周囲の友人らとうまくいかなったり、もともとの自分の信念を見失っていく過程などは、少し思うところがあった。