そのうちやります。

毎日更新したい。思考の整理場。

8月7日 宝具展開

matome

赤城山

6日(日)に大学の同期と登ってきた。

ルートは黒檜山→駒ヶ岳→覚満渕という感じであった。

トータルの登山時間は4時間もないくらい?だった。

登りが傾斜がキツいこともありなかなかしんどかったが、駒ケ岳からの下りはかなり整備されていたこともあって楽々だった。

f:id:walkingtkmr:20170807211616j:image

↑登山前の一枚。

これからこの山に登るのか...と途方にくれつつあったのを覚えている。

正直赤城山は見上げた場合の威圧感が半端じゃなくて、車止めて景色を眺めた段階で帰りたくなった。
f:id:walkingtkmr:20170807211643j:image

↑なんやかんやあって主峰黒檜山のてっぺんまで到着。

この時点で俺も同期もだいぶ体力が持っていかれていたのを記憶している。

この日は生憎天気が悪くて、常に霧がかったような状態で山を登っていたのだが、

山頂も当然のごとく上記画像のようなかたちで、見晴らしのいい景色というものが味わえなかったのが残念だった。

しかしまあ、こういった環境での登山というのも初だったし良かったのでは。
f:id:walkingtkmr:20170807211638j:image

↑登った記念に。

絶景スポットは虫が大量発生していたし、上述したように視界にも霧がかかっていたわけで、ただ霧の中で虫がブンブン言ってるだけであった...。

f:id:walkingtkmr:20170807211650j:image

下山後、近場の覚満渕という湿地帯?を散歩した。

上の画像の通り、辺りには霧がかっていたわけだが、これが逆にアタリだった。

湖が銀色に見えたり鳥の囀りが美しかったりとなかなか神秘的であり、FFとかRPGに出ている景色を散歩している気分だった。

今日の一曲

登校中になんとなく弁魔士セシルOPの『BLUE TOPAZ』を聞いた。

この曲は一定周期で聞き返すことが多くて、なんとなく憂鬱なときに聞くことが多いだろうか...。

特筆してここが良いという点がある曲ではないのだが、なんとも形容しがたい魅力がある曲である。

田辺留依さんの声質結構好きなんですけど最近は何をやっているんでしょうか....。