そのうちやります。

毎日更新したい。

4/3 何もない日々から

まとめ

研究室行事に参加したら体調を崩した() 

日記

朝は九時ごろに起床しただろうか。

最近はとにかく朝起きるのが厳しい日々である。

きっと心が疲れている証拠なんだろうな、と思いつつ淡々と朝の準備を進めた。

大学には比較的のろのろと足を運び、教授にシバかれる。

「また始まったか...」

目の前でブヂブヂ愚痴を飛ばしてくる教授の顔を見ながら、死んだ顔で(おそらく)そんなことを思っていた。

午後はなんか研究室行事で花見だった。基本的に虚空を見つめていたので記憶がない。

基本的に研究室行事だと帰属意識の低さもあいまって、目の前で盛り上がっている人がワイワイやっている映像を遠くから見ているような感覚になる。

話している内容も多分理解できる言語なんだろうが、頭に入ってこないから話についていくのはかなり難しいし*1、場の感覚の共有も出来ていないなあと強く感じる。

思えばこのような感覚を抱いたり、集団に対する帰属意識を感じられなくなったのはいつかだろうか...。

これから先もこういう感覚を抱きつつ日々を過ごしていくのかと思うと、まあ多少は哀しいような気分になる。

その他。

意外と桜も散っていなくて、ものによっては鮮やかな桃色(彩度高め)の花びらが見られたのが大変よかった。空の青さと相まって美しいなと感じた。

日々の人間生活に浸かり過ぎると全てがモノクロになってしまうので、やはり要所要所で自然に触れるといった行為を通じて魂に色をつけなければならない。

まあ基本的には一日中無気力に徘徊していた。 
f:id:walkingtkmr:20180403220321j:image

つらかったのでスマホの壁紙をはじめちゃんに変更した。(前はよくわからない犬だった) 

負わりでs。

*1:話に集中していない