そのうちやります。

毎日更新したい。

11/26-12/2 肩幅の広い人の方が収入多い

まとめ

なかなか疲れた一週間だった。

進捗状況はちょっと微妙なので、来週から地道に頑張っていかなければ...。

(blog執筆中はキャスをするとかいう謎をはじめた)

f:id:walkingtkmr:20181202224121j:plain

昇仙峡の猫

日記

七時半くらいに起きた。まあまあ晴れだった。

三連休で研究室に行くのに抵抗を感じるかななんて思っていたが、わりと朝のスタートはすんなりいけた。

この日の作業はまあまあ捗ったと思う、修論は既に書き終えてる章の校閲をして、その他は明後日のゼミのプレゼンの準備に充てた。

予定通り17時くらいに作業が終わって時間ができたので、帰り際に新宿でぷらついたり、寒くなってきたしヒートテックを買うなどした。

  • 11月27日(火)肌寒い

八時前に起きた。嫌な夢を見て朝はゲンナリ

翌日がゼミでプレゼンをしなければならないということもあって、

この日は午前中は研究室で修論を書いて、午後はちょっと勉強したあとすぐ帰宅して家でプレゼンの準備をした。

研究室はなかなか生産性がいい現場とはいえないから(ずっとではないが、ゲームしたり、寝たりしている学生をみると気が散ってしまう)、集中したいときは家で作業しているわけである。

気晴らしに近所を散歩したが、己の何もない感がひしひしと感じられてなかなかつらかった。

暮れていく空をボーッと眺めながら、少しの肌寒さを感じた。 

  • 11月28日(水)ゲームして寝不足

七時くらいに起床。

この日のゼミ当番(英語論文のプレゼンテーションほか)であったことから教授にシバかれる(プレゼンのダメ出しを食らう)ことが目に見えていたので気が重かった。

おまけに電車が遅延して遅刻しかけたので流れは最悪であった。

しかし教授が熱を出していたこと、別件で気をとられていたことなどが幸いして、徹底的にシバき倒されることはなかった。

午後は多少修論を進めたり勉強した。

19時くらいに新宿に移動して、書店に行ったり、文房具を見て回ったりして終了。夜はゲームをした。

  • 11月29日(木)ファンタビ観た

七時半に起床。夢はあんまり覚えてない。

この日の作業進捗は微妙、もともとオフの日にしようと思っていたので効率は求めていなかったが、まあ単純作業を淡々とこなせたイメージ。

面倒なグラフは大体作成できたと思っている。

16時くらいには既に作業がかったるくなっていたので切り上げ、新宿で油を売る。

元よりある映画をみるために新宿に向かったわけだが、映画までの時間が微妙すぎて周辺をたらたらと散歩するカンジになってしまった。

見た映画はファンタスティックビースト、謎が多かったが、おそらく最近の気分の自分だったらグリンデルバルドの配下に下るんだろうなあと思った。

  • 11月30日(金)研究室で修論しつつ微妙な気分になる

八時前に起床して、のんびりめに研究室に出勤。

諸事情により実験はしたくなかったので、10時から18時くらいまでずっと座学でなんかしらの勉強をしていた。

修論の進捗はまあまあといったところか。進捗69%くらいまではいけたと思う。

まあずっととは言いつつ、メンタルが微妙な感じになっていたので、ちょいちょい散歩したりはしたのだが。

夜の散歩はいいものですね、少し肌寒かって風邪をひきそうになったものの、その肌寒さが逆になんだか感傷的な気分に浸ることができるので、ロマンチストの自分には合ってると思う。

10時くらいに起床して、のんびりと朝ごはんをとる。

今日はなんとなく気分が浮かなかったので、気分転換に友人を誘ってドライブへ。

行き先は昭和記念公園とした。久々のドライブであったから運転が大丈夫かなと心配していたのだが、まあなんとなかった。

ドライブするときに助手席にいる友人が寝ていたのだが、これがまた結構いいなと思った。

車の運転を任されているという状態がかなり自分にとってはいいもので、寝てしまう、という生理現象から信頼されてるかなあなんていう自惚れを得ることが出来るからだ。

昭和記念公園はまだ多少紅葉が残っていたりして、ことしは全然秋を楽しめていなかったので、素直に来て良かったなと感じた。

やはり秋の紅さは良いですね。しんみりとした気分にもなるし、同時になにかに満たされたような気分にもなれる。

  • 12月2日(日)甲府へドライブ

8時ぐらいに起床して、新宿に行ってサンマルクカフェで読書。

その後某所で同期と出会って、甲府方面へ出かけましたよと。

行った場所は武田神社、昇仙峡、

師走に突入したということで、紅葉を見に行くみたいなモチベでのお出かけではあったものの、それが見れるかなあなんて不安に思っていたのだが、景色としては結構よかった。

意外と紅葉とかも色づいていて人もいないし、この時期の山梨も結構アリなんだなあ~という気付きを得た。

また、同期二人と出かけたわけだが、これがすごく疲れたというか、話すことがなさすぎて逆に疲れたというか。

人間と仲良くするのはなかなか難しいというか、どうしてこう自分はうまく人間と会話できないのか、人間関係を調整できないのか...なんてことをグズグズ悩んでしまっていた。

まあこういうことを考えていてもしょうがないので、

考え

  • 基本的に人の言っていることは信じないというか、その人のものの見方というバイアスがかかっているという前提をしっかりと意識したうえで聞くようにしたい。
    分身した自分が言ったことであっても疑う姿勢を持ちたい。
  • 映画が終わったあとの間隔が嫌いかもしれない。映画って基本的に暗いところで見るわけだが、暗転から舞い戻ってくる感覚がめちゃくちゃ嫌いだ。いきなり現実に引き戻されたような感覚がして大分シンドイ。

アニメ

ガッチャマンクラウズ:久々に見ている。やはりはじめちゃんだなァと。

グリッドマン:ぼちぼち世界のからくりが全部明かされて欲しい。

SAO:キリトがかっこよかった。

禁書:五和がかわいいです。

オリオンの刻印:一星いじめが割とエグくてわろた。

人間は自分が考えているような人間になる
 
盲目的な恋と友情 (新潮文庫)

盲目的な恋と友情 (新潮文庫)

 
メタモルフォーゼの縁側(1) (カドカワデジタルコミックス)
 

音楽