そのうちやります。

毎日更新したい。

12/24 ~ 12/30 誰かがずっと叫んでる

まとめ

すべて諦め、何も期待しないでいきたい。

f:id:walkingtkmr:20181228202141j:plain

キャバリア・キングチャールズ・スパニエル

日記

  • 12月24日(月)学校で暇つぶし

8時くらいに起床、さっさと大学へ移動。

午前から午後半ばにかけては明日の修士中間発表の準備を行った。

まあ頭の中で構成は出来ていたのでそこまで多くの時間を要することはなく、pptを作成できたと思う(意味不明なこだわりにより時間を使ったが)。

その後は少しだけ後輩と話したりして研究の面倒を見たのち、研究室全体が面倒な雰囲気になってきたので早々に帰宅。

うちの研究室は進捗発表会などのイベントごとの前日あたりに泊まってなんとかするみたいな文化が出来上がっているのが良くないと思う(いい仕事、作業とはお世辞にも言えなくないか?酔っ払いみたいなもんだろう)。

 

  • 12月25日(火)一先ず今年の研究を終える

8時起床、ゼミ(冬季進捗報告会)は午後からであったので、比較的のんびりめに登校。

正直今日はいつも通りの流れすぎて、クリスマスということを忘れていた一日だった。

午前は報告資料を見直して加筆・修正、午後は学士と修士の進捗報告会、で終わった一日であった。

自分の進捗報告はまあまあだった、出来るだけシンプルな発表にまとめたつもりだが、これがまあまあ功を奏したように思う。

やはり思うにプレゼンテーションは聞く人間のためにあるものであって、発表者よがりなものに仕上げるとしょうもない感じになってしまうと思う。

報告会の後は流れで研究室忘年会に移行したが、これはもう限界であったから普通に帰宅した(参加していないの私だけでワロタ)。

帰宅途中は今年一年についてぼんやりと考えたり、先週からの疲れがドッと押し寄せて吐きそうになったりしながら、ふらふらと歩いていた。

帰りの夜道、好きな炭酸飲料を飲みながら様々なことを考えた。

今年は嫌な一年であったが、同時に精神面が大分落ち着いたり、感情的にならずものの考え方が安定してきたりと成長できた一年でもあったと思う。

 

  • 12月26日(水)だらけたり映画をみたり

8時くらいに起床。最近はのろのろと歩きながら登校するのにハマっている。

午前中は少し用事があったので大学へ。

お世話になっている事務の方が退職されるとかで、なんかメールで直接最後の挨拶をしたいとかなんとかだったのでそのために登校(高森はいいやつなので)。

適当に雑談しながら、3年(正確には二年半)がもう過ぎ去ったのか...と地味に感慨深くなった。

午後は新宿へ移動、書店で立ち読みしたり、文房具みたり、カフェで本読んだりしたあと映画館へ。

話題になっている『ボヘミアン・ラプソディ』 を鑑賞。

Queenについてもっと知識があればより楽しめるような構成だなあと素直に思った。

 

  • 12月27日(木)家でのんびりした一日

9時くらいに起床。

大学に行くか微妙に迷ったっちゃ迷ったのだが、このところ心身に疲れがたまっているのを感じたし、大学行っても意味もなく修論眺めて終了しそうだったのでサボった。

年の瀬だし、教授から変なメール(研究室に来いと催促のような)も来なかったので一日中平和に過ごせた。

基本的には部屋の掃除、シャツのアイロンがけ、読書、家周辺を散歩などをしていた。

人間関係のしがらみから解放され、時間がゆっくりと流れていく休日のこの感覚が好きだ。

必要条件として自身の感情のコントロールが出来る人間でないといけないが、こういう感覚を共有できる人間と出会えれば、ぼくの人生もより豊かになるだろうな、なんてことを考えながら散歩していた。

 

  • 12月28日(金)基本的にふらふらした一日

9時くらいに起床した。

なぜか前日無性にマックのハンバーガーが食べたくなったので、今日は買い物ついでに新宿へ移動し、ハンバーガーを食べてきた。

久々にマックを食したのだが、なんだか年々クオリティが落ちているように感じる。

自分の味覚が死んできているのかもしれないが、高校の時に食したダブルチーズバーガーを越える味はもう味わえなさそうだなあと感じた。

マックを食したあとは適当に書店とか電化製品を見て回ったのち、いつものカフェでボーッと読書をしていた。

ずっと一人で行動しているとたまに謎に寂しくなる感覚が襲ってくることがあり、今日はそれが襲ってきた。

この状態だと自己嫌悪やらなんやらが進みやすいので、その後は気分を変えるために好きな音楽を流しながら車を運転していた。

 

  • 12月29日(土)友人たちと久々に再開

9時くらいに起床。もう年内は特筆してやるべきことはないだろう。

今日は帰省してきた中学の友人3人と集まっての忘年会のようなものに参加した。

基本的に話すことが好きではないので*1、各々の近況について教えてもらって適度に相槌をうつ形となった。

しかしまあ酔っぱらった人間の話の勢いというものは凄まじいなと感じる。

と同時にやはり自分は根から人に何かを話したいと思う性格ではないんだなあと感じた。

これを悪い方向に捉えているわけではなくて、むしろこういう自身の性格に気づくことで「無理に話さなくてもいいかな」と逆に余裕が持てるので、人間関係も比較的楽になったと思う。

僕は最近酒を自粛しているのもあって、帰りはカーシェアを利用してそれぞれを家まで送っていった。

その後は諸事情により外気2 ~ 3℃程度の外を1時間ほど歩くハメになったのだが、これが普通に堪えた。人間、寒さでしんでしまいますよ...。

 

  • 12月30日(日) ひたすら休息

11時くらいまでだらだらと寝てしまった。非常に体がだるい。

おそらく前日の深夜徘徊で相当体力を消耗したのだろう...。

午前は年賀状を書きながら休憩し、午後は部屋の掃除とblogの記事のまとめなどを行っていた。

その他、少しだけ外出し↑の年賀状を提出したり、クリーニングに出していたものを受け取ったりして今年のタスクを終了させた。

明日は完全にヒマだ。家でぼーっと本でも読んで過ごすこととしよう...。

アニメ

SAO:キリトくんはかっこいいですねえ(適当)

テラハ:絵音がかっこよすぎた

オリオンの刻印:一星改心するんだろうなあ

禁書:もうわからん 

FGO:65箱にて終了(100空けようと思ったけど普通に無理だった
f:id:walkingtkmr:20181226122742j:image

スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)

スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)

スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)

スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)

ブスに花束を。 (5) (角川コミックス・エース)

ブスに花束を。 (5) (角川コミックス・エース)

コンビニ人間 (文春文庫)

コンビニ人間 (文春文庫)

スロウハイツの神様(1) (KCx)

スロウハイツの神様(1) (KCx)

 

音楽

エジマハルシの顔が好きすぎた

考え

  • 過度な一般化をする人間、馬鹿だなと思う(頭が悪いという意味ではないです)
  • きれいな本棚をつくりたい
  • 感情をなくしていきたい(感性をなくすということではない)
  • 欲張りな人間が多いなと思う(自分が持っているものに無自覚な人が多い、自意識が肥大化しすぎている、持つ側の人間の癖にその要素に目を向けず不服を唱えている姿を見せられると冷たい気持ちになる、頼むから自分が今持てているものの有難みを認識してくれ)
  • 感情がなさそうな人間と知り合いになりたい(逆もまた然り)。感情的な人間に対しては、憧れに似た感情を抱くと同時にみっともないなと感じる(自戒の念)。
  • 不幸をつかみ取る(他罰的な)人間にならないため、もがいている
  • 本を読んで頭がよくなるとまでは思わないが、本を読まなければ馬鹿になるとは思っている(自分の場合は)
  • 人間関係の断捨離を進めている(切る人間の対象として、「読書をしない」が挙がってくるほど最近は読書の重要性を身に染みて感じている。もちろん例外は存在するが)
  • ↑のわりに誰か親しい存在(要は嫁みたいな存在なのかもしれない)を求めてしまう癖があるの、本当に止めたい。

*1:こういう書き方をするとコミュニケーションを放棄しているように捉えられるが、基本的には人の話を聞いていたいということです